休日にお金がないことはよくありますね

☆至急お金が必要(http://pukpuk.boo.jp/

お金というか娯楽費というのは生活費が結構キツキツなのであまり出せないというのが現状ですね。

というのも派遣社員ということで給料もあまり多くないということや、それでも色々なものが欲しくて買い物癖もあるので、大きくお金を使うというよりかはインドアで色々な買い物をして遊ぶスタイルになっています。

というわけで休日は家にいることが多いのですが、それは旅行などに行ったりして豪遊するといったことがあまりありません。

仮にお金がたくさんあったとしたら、休日に多くのお金を使って遊んでみるというのもいいかもしれませんが、じゃあそのお金をどう工面するのかといったものが問題になります。

問題点というのは娯楽としてのお金がないということで、生活費が足りなくてといったことじゃないので気軽に借りることができないという点だと思います。

そういった理由ならは友人や親族から借りるというのはまず無理だと思っていますし、自分もそういう理由ではお金は借りないようにはしています。

あと考えられるとしたら消費者金融のキャッシングというのもありますが、あの辺は土日に対応しているのかどうかが分かりませんので、検討自体はしていません。

休日の主な使い道というものですが、やはり買い物ということなのでクレジットカードなどは多少は使うかもしれませんが、それでも限度額は低いためにあまり休日でも無駄使いはしたくないなと思っていますが。

そんなわけで休日にお金が必要になった場合にはクレジットカードで買い物をすこし自分へのご褒美的にすることが多いかもしれません。

お金が必要だったので大切な本まで売ってしまった・・・

今すぐにお金がほしいと思ったことはありますか?
今どうしてもお金が必要だとなったことは、過去に何度かありました。じつは今も、もっと欲しいなあと思っているところですが、コツコツと自分なりに貯めているところです。

○それはどのような場合で、どう解決しましたか?
ひとつのケースは、いまお金がないと「支払い」が出来ない、どうしようという場合でした。すぐに支払いしないといけないのに、支払うお金が手元にない。最悪です。支払いの期限がもうそこまで迫ってきていました。お金を作るのに、消費者金融という考えは全くありませんでした。どうしたかと言うと、自室にあった本を売ってお金にするという解決方法を取りました。かなりレアでちょっと高額査定になる漫画本や、一回読んでもう二度と読まなくなった本など、いろいろな本を売り払って、ある程度のまとまったお金を作ることができました。正直これは手放したくないという本も含まれていたのですが、すぐにお金が必要だったので、あまり考えずに勢いで売ってしまいました。ちょっと後悔したのを覚えています。売却をした場所は、近所にあった有名な古本屋のチェーン店でした。自分の場合には、普段から本を買い揃えて本棚に収めるという習慣が、功を奏したというべきかもしれません。でも今後は大切な本を売却してしまわないように、していかなければいけないと思います。

○金融業者からお金を借りたことはありますか?
金融業者からの借金は、銀行カードから少額を間違って借りたことが一度あった程度です。当時、べつに借りなくてよかったのに、借りてしまいました。単純にアホだったと思います。

まとまったお金がなく出席できなかった友人の結婚式

以前、友人の結婚式があり、その時に今すぐお金が欲しいと思ったことがあります。

地元の友人の結婚式であれば、少しの交通費と数万円のご祝儀だけで済むのですが、私は大学時代に関東地方の大学に通っていましたので、遠方に住んでいる友人の結婚式となると、かなりの費用がかかってしまいます。

私は北海道に住んでおり、友人は関東地方に住んでおりました。ですので、飛行機を使っての交通費ですので、季節的にも旅行の盛んな時期になりますと、往復で見積もっても10万円近くはかかってしまいます。それに加えて、ホテルなどの宿泊の費用もかかってしまいますので、かなりの多額の出費になってしまいます。

ですので、大学時代にとても親しくしていた友人でしたが、結婚式に行くことができず、とても残念な経験をしたことがあります。

でも、なんとかお祝いができないかと思い、細やかながらお祝いの電報を打たせていただきました。
その友人からは、結婚式に出席するための費用を全額出していただけるような話があったのですが、自分で出すことを考えても、かなりの負担になることがわかりましのたので、結婚式の出席を断念して、電報だけにさせていただきました。

お金がないことでとても残念な経験をしましたので、日頃から何かの時のために使える、数十万円くらいの費用は持っておかなければと思うようになりました。また、毎日ギリギリの生活をしていましたが、無駄遣いは極力減らしていこうと、心を入れ替えるきっかけにもなりました。

レイクの特徴や紹介・・・例えば総量規制対象外とか

【レイクは銀行のローンなので総量規制対象外】
(参考:総量規制対象外のローン〜銀行のローンは総量規制の対象外!おすすめは?

多くのキャッシング会社があり、金利や限度額、便利さ、特典やキャンペーン等に違いがあります。初めて利用する方は、キャッシング会社を選ぶのに迷ってしまうでしょう。

そんな、多くのキャッシング会社の中からオススメのキャッシング会社「レイク」を紹介したいと思います。「レイク」は芸能人を起用したコマーシャルや様々な広告をしているので、一度は聞いたことや見たことがあるでしょう。

「レイク」は新生銀行カードローンですので安心して利用することができます。銀行なので総量規制の対象外です。私が「レイク」をオススメするポイントは「180日間無利息」と「30日間無利息」のキャンペーンをしているからです。

キャッシング会社を利用する中で一番の悩みは金利です。利用している人も、していない人も金利の事を考えると利用しづらいものです。そんな悩みを解決してくれる無利息キャンペーンを利用すれば、金利を考えず気軽に使うことができます。

2つから選べる無利息キャンペーンですが、「180日間無利息」キャンペーンは5万円まで180日間無利息となっているので、主婦の方や学生の方にオススメとなっています。「30日間無利息」キャンペーンは30日間お借入額の全額が無利息となっています。

まとまった金額を利用する方や、多く利用する方にはこちらのキャンペーンがオススメです。無利息期間を超えてしまっても「レイク」は実質年率9.0パーセント~18.0%となっているので、安心して利用することができます。

「レイク」はインターネットでも申し込みができるので、忙しく店舗へ来店できない方も利用することができます。審査に通るか不安な方はインターネット上のホームページでお借入診断することができます。

申し込みの際には家族や仕事場に知られないように、しっかりと配慮してくれているので安心して申し込みができます。また、キャッシングカードでお金を借りたり返したりすることは、全国提携銀行やコンビニエンスストアのATMで行えるので非常に便利です。

今日お金が必要なとき、あーしなければ今もう少し楽なのに・・・

私は20歳過ぎた頃からお金に縁がなく、お金がなくても何とかなるさと自分に言い聞かせて過ごしてきました。
一番キツかったピークがやはり給料未払いが続いた事です。
その職場には経営者と何人かの従業員がいる会社でした。
私とその経営者さんと親しくなり、アパート代半分になるから一緒に住もうと話を持ちかけられ断れないというかなぁなぁで一緒に住む事になりました。
生活自体は何とか支障なくできていたんですが、経営がだんだんみるみる悪化して行きとうとう私にお金の相談がやってきました。
私も当時は会社の事を大事に思っていたし、経営者さんがいつも辛い顔されているのを見て、私が助けになって喜んでくれるなら是非私がやりましょう!!と意気込んで手を貸しました。
それが全く足らず、とうとう給料未払いまで落ち込んでしまいました。
それが3年くらい続いて食事は何とかなったんですけど、現金は必要なお金(冠婚葬祭など)だけもらって後は未払いが増えていく一方でした。
好きに使えるお金がないというストレスでその会社を辞め、その会社もすぐにつぶれました。
その経営者さんとはたまに連絡取り合うのですが、給料未払いはそのままです。
今そのお金があれば欲しいのが買えるのにっ!!

http://xn--t8je035u48o65g3w9csfm.biz/ (今日お金が必要.biz)

主婦になってお金に不自由さを感じること

結婚して主婦になってからお金について不自由に感じることは多々あります。
会社員の時のように自分でしっかりと稼ぐことができなくなり、仕事よりは家庭の仕事が中心となっているのでパートでしか働けないので、会社員のように好きなようにお金を使うということができなくなりました。

また私の夫はとても倹約家のため、不要なものは一切購入して貰えず、欲しい物など許可を取らないと購入できないというのも理由です。
女性であるがため子育てや家事が中心となってしまうので、しっかり働くことができなくなって自分で満足のいく収入を得ることができなくなったことが、会社員と主婦の大きな違いだと思います。

外に働きに出ても家事はしっかり行わないと家族からクレームが出てしまい、そこまでして仕事と家事を両立するのも大変だと思っています。

逆に女性であってお金で得したと感じることは、映画などレディーズデーがあったり、また若い時などには男性に御馳走してもらえたのでその点は得していると思いました。

http://www.saiyasuweb.com/・・・安くお金を借りることができるなら借りたいです。。。

お金を借りることは必要不可欠(特に住宅ローン)

お金を借りないとどうにもならないことがあります。
それは住宅ローンです。ずーと賃貸でいるともしも老後に収入がなくなるようなことになれば、住むことができなくなります。
また高齢になってから住宅を借りる事はむずかしいのが現状ではないでしょうか?
つまり住宅ローンは政府も認めている大切なプロセスです。
しかし現状の住宅ローンはサラリーマンのみ優遇されている感が否めません。
私は自営業者ですが、全く話を聞いてくれません。株式会社の社長に就任しても3年間は黒字になっていなければ、住宅ローンは組めないのが現状です。このことによって住宅を取得することができない人が何万人いると思いますか?
もしも住宅ローンが通るならば、ハウスメーカーも苦労しません。
実際、私は自営業者、妻はサラリーマンでしたが、妻の年収が低いので、1000万円しかローンが組めませんでした。
しかも30年です。これはありえないし、理解に苦しみます。もっともっと融資枠を拡大すれば、日本の経済ももっとよくなると思います。

高時給の新聞配達アルバイト 

私の経験したアルバイトの中で最も時給の良かったのは、新聞配達です。必要な資格は、原付免許(又は普通自動車免許)だけですので、ほとんどの方ができる仕事です。

私が勤めていた販売店では、配達地域を区分けして、A地区は160部で7万円、C地区は250部で9万円というように、その区分ごとに給料が決められていました。朝の6時までには配達完了すればよいので、出勤時間も人それぞれでした。

私は、3地区380部を担当していたので、夜中の2時30分に出勤して、配り終えるのがだいたい5時頃でした。1ヶ月の給料は17万円でしたので、時給換算すると約2200円、10代ができるアルバイトとしては、かなり高額でした。

しかし、デメリットもあります。まず1つ目は、休みがないことです。1ヶ月に1日、新聞の休刊日しか休みがありません。加えて昼夜逆転の生活になるので、友人とはどんどん疎遠になってしましました。

もう一つは、雨や雪の日も、台風の日でさえも配達しなければならないことです。チラシの量が増える木~土曜日に天気が悪いと、配達時間が通常の1.5倍になります。雨具を着ていても浸み込んできてしまうので、冬季は凍える程、寒いです。

私は、このアルバイトを3年間続けました。大変なことも多かったですが、良い経験になっています。