月別アーカイブ: 2014年3月

お金を借りることは必要不可欠(特に住宅ローン)

お金を借りないとどうにもならないことがあります。
それは住宅ローンです。ずーと賃貸でいるともしも老後に収入がなくなるようなことになれば、住むことができなくなります。
また高齢になってから住宅を借りる事はむずかしいのが現状ではないでしょうか?
つまり住宅ローンは政府も認めている大切なプロセスです。
しかし現状の住宅ローンはサラリーマンのみ優遇されている感が否めません。
私は自営業者ですが、全く話を聞いてくれません。株式会社の社長に就任しても3年間は黒字になっていなければ、住宅ローンは組めないのが現状です。このことによって住宅を取得することができない人が何万人いると思いますか?
もしも住宅ローンが通るならば、ハウスメーカーも苦労しません。
実際、私は自営業者、妻はサラリーマンでしたが、妻の年収が低いので、1000万円しかローンが組めませんでした。
しかも30年です。これはありえないし、理解に苦しみます。もっともっと融資枠を拡大すれば、日本の経済ももっとよくなると思います。

高時給の新聞配達アルバイト 

私の経験したアルバイトの中で最も時給の良かったのは、新聞配達です。必要な資格は、原付免許(又は普通自動車免許)だけですので、ほとんどの方ができる仕事です。

私が勤めていた販売店では、配達地域を区分けして、A地区は160部で7万円、C地区は250部で9万円というように、その区分ごとに給料が決められていました。朝の6時までには配達完了すればよいので、出勤時間も人それぞれでした。

私は、3地区380部を担当していたので、夜中の2時30分に出勤して、配り終えるのがだいたい5時頃でした。1ヶ月の給料は17万円でしたので、時給換算すると約2200円、10代ができるアルバイトとしては、かなり高額でした。

しかし、デメリットもあります。まず1つ目は、休みがないことです。1ヶ月に1日、新聞の休刊日しか休みがありません。加えて昼夜逆転の生活になるので、友人とはどんどん疎遠になってしましました。

もう一つは、雨や雪の日も、台風の日でさえも配達しなければならないことです。チラシの量が増える木~土曜日に天気が悪いと、配達時間が通常の1.5倍になります。雨具を着ていても浸み込んできてしまうので、冬季は凍える程、寒いです。

私は、このアルバイトを3年間続けました。大変なことも多かったですが、良い経験になっています。